上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先月、千葉県のでっかいホールに多数の受験生が集まっているのをテレビでやってました。
不安そうな子供と血走っている親。
“やらされている”子供がかわいそうに見える。


私は中学受験に反対です


意味が無いと思うからです。
だって、大切な人格形成期に遊ぶ時間を犠牲にしてまで
勉強をする(させる)意味があるのでしょうか?
それが子供にとって+になるのでしょうか?
私は中学受験のメリットがわからない。

考えられることなら、
A・有名大学(MARCH以上)に行ける
B・風紀が良いのでいい子に育つ


ってことでしょうか。
ちょっと話はズレますが、
私の通っていた小学校はほぼ半分が中学受験するという異様なものでした。
(ちなみに受験者のほぼ半分が滑りました)
晴れて私立中学に進学した子の10年後・・・気になりますよね?


Aに該当した子は僅か3人です


しかも一人は中退・・・
残りの二人のうち、学歴社会の勝ち組になった者でも、
変なプライドを身に付けてしまったが故に卒業間近になった今でも就活で苦しんでいます。
因みにBもどうかというと。
空前絶後のいじめに遭い、人格がゆがんでしまった子がいます。
いじめなんて公立行っても私立行ってもどこにでもあるんですね。


だったら、普通に公立中学でいいじゃん


と思うんですよね。こういうのを目の当たりにすると。




なんだかどこでも中学受験すりゃいいっていう風潮があるでしょ。
そりゃおかしいと思うんですよ。
周りに流されて受験しよっか?って考えている親もいるでしょう。
私立なら何でもいいと思っている親も結構いるでしょう。
凄いAFOな私立に放り投げる親もいるでしょう。

1994年に放送されたドラマ『スイートホーム』。
あれは“世の中にはこんなアホな家族が存在するんだよ”
っていう見世物的なものがあったと思うんだけど、
あのドラマに出てくる一家が世の中にうじゃうじゃいるもんだから気味が悪い。
まぁこのドラマは小学校受験だけど。てか同じようなものか。




因みにこんな大口叩いている私は、
公立小学校→公立中学→都立高校という王道を歩んできました。
公立の良いところは


A・自分で物事を考える力が身につくこと
B・コミュニケーション能力が身につくこと



だって、うちの高校は手取り足取りやってくんなかったもん!
進路などの自己管理は“自分のことは自分で”って感じだね。
あと、Bに関してですが。
公立には本当に色々な人がるんだよ。
大した規則が無いからみんなのびのび育つ。個性がのびる。だから色々な性格の人がいる。
そういう十人十色な人と仲良くすることでコミュニケーション能力が身についたと思う。
それって社会に出てから凄く役立つんじゃないかな?と思います。
私立で育った子って、なんかみんな同じような感じでしょ。あれってどうかな?と思う。




とにかく、小学生は遊んでればいいんです。
勉強は中学になってからでいいんです。
小学生にしかできないもの、身に付けられないものってあるから。




最後に
受験生の子供を持つご両親へ。

本当に子供の幸せを考えてあげていますか?
自分のことだけ考えていませんか?
子供を尊重してあげていますか?



スポンサーサイト
2006.02.06 Mon l 社会 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

ごもっとも!
私もそう思うよ。
小学生のうちは、遊ぶだけ遊べばいいよね。
中学受験した弟もよくそう言ってる。

あ、私あさってから沖縄行ってきやす!
ハブドーム買って、冗談のきく友達に私もあげようかな(笑)。
しかし、それ買うのにはなかなか勇気がいりますな…(笑)。
2006.02.07 Tue l まな. URL l 編集
賛同サンクスでございます。
コメントどうもありがとう。
小さい頃、“小学生は遊びが仕事”なんて言われてピンと来なかったけど、
今になってようやく解った気がしますよ。
遊びの中に大切なものがあったんだよね。

おお!明日からめんそーれ沖縄ですか(^O^)
今は暑過ぎず寒過ぎず良い気候ですよ~。
「ハブドーム」はファミマで堂々と売っているのでさりげなく手に取りましょう(笑)
きっと誰かが理解してくれるはずです。
ちなみに私の友人は大ウケでしたよ^^;
2006.02.08 Wed l Saeko. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.09.07 Thu l . l 編集
はたやん
はじめまして。

民間から公立教員を経て、学習塾の講師をしています。
塾といえば「中学受験」を支える側につくのが通常ですが、私は「公立中学派」です。

本人が望んで中学受験に挑むという場合を除き、子供時代は地域の公立学校で、地域の人間たちとの交流を深めてもらいたいものです。

かつて同級生が、親の勧めで中学受験し、高校卒業後は「一応名の通った中堅大学」に進学しました。

しかし、それは「地元の公立高校」からも多数進学しているところであり、中学受験はいったいなんだったのか・・・
振り返ると、彼は「そこまでしないとその大学に行けなかった」ということかと。そもそも、そこまでする必要があったのかと・・・

中学受験。
親子で真剣に話し合っているのでしょうか。
・有名大学に行かせたい
・真剣に勉強できる学校に行かせたい
というのはあくまで親のエゴや建前であり結局、
・イジメのある学校は心配だ
・親の優越感
という、その部分が大きいような気がします。
2006.10.23 Mon l 名前無し. URL l 編集
補足
上のコメントで、なぜか作成者が「Saeko」さんになってしまっていますが、正式な作成者は私「はたやん」です。

なぜそうなったのかは分かりませんが、Netscapeだとキーの反応が不安定になっているようで、この補足はIEで再入力しています。

私も、中学受験反対派です。
子供は、「学んで遊ぶ」のバランスが大切です。

まだ子供がおらず独身の私ですが、私ならわが子を、頭でっかちの「おぼっちゃん」「おじょうちゃん」には育てません
2006.10.23 Mon l はたやん. URL l 編集
中学受験って何?
コメントありがとうございました。

仰るとおり、公立からでも十分進学は可能ですよね。
色々な考えがあるかと思いますが私には公立の何が悪いのかが解りません。
そう言えば私の通った大学は中学受験経験者が半数を超えておりました。
高校までずっと公立の私と、お金と時間を掛けたお嬢さんたち・・・
結局、最終学歴は同じでした。変な気分になったのを覚えています。


中学受験をやっていた子の中で、
自ら「受験をしたいんだ!」なんて言ってる子はいなかったように思います。
また、私もアルバイトでしたが塾講師をやっていました。
そこで出会った中学受験クラスの子たちもそんな子はいなかった。
“やらされている”子供達がかわいそうでなりません。

そんな時間があるなら遊びなさい。
「学んで遊ぶ」なんて本当に的確な言葉です。
その中で無意識に身につけたことが、将来役に立つんですよね。
2006.11.22 Wed l Saeko. URL l 編集
久しぶりのコメントです
今年もどうぞ宜しく。

受験至上主義への疑問と「薄給生活」による事情から、先月より派遣社員として電機メーカー勤務をしています。教職をはさみ、6年ぶりに技術職へ復帰です。

>自ら「受験をしたいんだ!」なんて言ってる子はいなかったように思います。

私の記憶でも、そのようなケースは遭遇したことがありません。
逆にそのような子は、ある意味「親の洗脳」によって偏った考えが植えつけられているかもしれません。


私立中高一貫校を出て、難関大学を卒業し、権力の側につかせたいという思惑があるのかもしれません。

しかし、たとえば「いじめの無い学校」という理由で私学を選び、そんな子が将来役人や政治家になったとして、「いじめの現場を知らない」人間がいじめ問題に向き合えるとは思えません。

私立中学のプレゼンを聴くと
「学校という閉じられた枠でしかアピールしていない」
「結局受験至上主義」
であることが、いやというほど実感できました。

そして塾にとっても、私立中学関係者は「絶対不可侵」の存在のようで、我々は関係者がやってきたときには最後まで「直立不動」を強制されました。
かつて「天皇」という名が出るたびに直立不動の姿勢をとり、それをしなければ不敬罪に問われた時代を思わせます。

聞けば「社会一般でも当たり前の接客態度」だそうですが、どこの会社も「礼を尽くす」とはいえ、そこまで前近代的ではありません。

さらに、一貫校において「高校から受験し合格した人」などは、彼らに準じる扱いです。

そして塾生においても、「中学受験予定者」は丁重に扱うべき存在で、学力上位者の場合はトップレベルの講師が優先的に付けられます。

本当にそれで良いのか?
私は、学校の序列化は地域社会に根付いているとはいえ、それを後押ししているのが塾や私学ではないかと思います。
2007.01.23 Tue l はたやん. URL l 編集
中学受験はやっぱり要らない
はたやんさん、コメント及び貴重なお話をありがとうございます。

>私立中学関係者は「絶対不可侵」の存在のようで、
>我々は関係者がやってきたときには最後まで「直立不動」を強制されました。

一体、何時代のどこの話でしょうか・・・。と言わずにはいられません。
そんな学校で学ぶ子供達、またそんな学校を目指して必死で勉強している子供達が哀れでなりません。


>「いじめの無い学校」という理由で私学を選び、
>そんな子が将来役人や政治家になったとして、
>「いじめの現場を知らない」人間がいじめ問題に向き合えるとは思えません。
同感です。
なんだか今の総理大臣を思い出してしまいました。


先程、テレビで中学受験の話題が取り上げられていました。
去年同様、ロボットのように勉強させられている子供達が映っていました。
あの子たちは何も悪くない!
ただ、あんな環境で育った子供達に日本の未来を渡すなんて出来ません。
2007.02.12 Mon l Saeko. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://route88.blog42.fc2.com/tb.php/27-3200b659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。